溶接工とは?

溶接工とは?

 
ビルなどの建物を建てる際に、必ず必要とされる職業が溶接工だよ。
溶接工は、建築業界では欠かせない存在。

溶接工の仕事内容は、おおまかに言えば金属を結合したり切断したりする仕事。
建設工事現場などが主な仕事場所だから、高所での作業だったり、ガスを使った作業であったり、
危険を伴うことが多い仕事だよ。
だからきちんと資格を持って仕事に取り組んでいるんだ。
溶接工の仕事は資格がないとできないから、専門職と言えるね。

溶接工の仕事の需要は、建設業などでは必ずと言っていいほど必要な仕事だから絶えず仕事はあるだろうね。

重い物を溶接したり、高所で立ったり座ったりしながら溶接したりと、無理な体勢での仕事も多いから、
かなりの体力が必要だし、長時間にわたっての作業もあるから忍耐力も必要な仕事だよ。

溶接工になるにはどうすればいい?

溶接工の仕事をするには資格が必要だよ。

主な資格は、アーク溶接といって、日本溶接協会主催の溶接免許。
その他には、ガスを扱うガス溶接の免許などがあるよ。

溶接工の資格を取得するには、工業高校や溶接の専門学校に行って溶接について学んだ後、資格を取るために受験する必要があるよ。
溶接工の仕事をするためには、1?2種類の溶接の免許を持っていれば働けるけど、、4?5種類とたくさん溶接の免許を持っていた方が、
幅広く仕事を選ぶことが出来るよ。
資格の種類は、半自動溶接、AW工場溶接免許、AW現場溶接免許などがあるよ。

溶接工をめざすには、実際溶接工になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

溶接工の自分をイメージするために・・・
溶接工を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪



◆ 他にもあるかな?
おすすめの溶接工を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)