能楽師(能役者)の漫画:「花よりも花の如く」 成田美名子

  


能を題材にした作品。
主人公の榊原憲人は、舞台に立って20年。
20年経っても能の世界では下っ端。

憲人の弟・西門は、イケメンでしょっちゅう逆ナンをされるほど。
そして、妹の彩紀。

憲人は舞台に立ちながら、日々芸を磨いている。
「紅葉狩」は、美女に化けた鬼が平維持を騙して殺そうとする話。
憲人は、美女役。
白い肌が際立って、女性らしい色気を持っているんだ。

能楽師は、素人の一般の弟子にも歌や仕舞を稽古するんだけど、憲人もその一人。
憲人が稽古に向かう途中、満員電車の中で痴漢に間違われてしまう。

痴漢なんてしていないのに、目撃者が現れた・・・。

前途多難な憲人が、能楽師として一人前になるまでの成長を描いた能楽漫画。

能楽について知らなくても、説明があるので分かりやすいよ。

前作の「Natural」を先に読んでおくといいよ。
⇒ 全巻チェックする!

>>能楽師(能役者)とは?
 

◆ 能楽師(能役者)の漫画「花よりも花の如く」について語る ◆

「花よりも花の如く」を読んで能楽師(能役者)になった人、能楽師(能役者)を
目指している人のコメントも待ってるね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。