テニスプレイヤーの職業漫画:「HAPPY!」 浦沢直樹

  
HAPPY!
 マン活王子の
 職業漫画書評点数!
 3
 4
 5
 この職業漫画は
 こんな人におすすめ♪
 ・将来について不安を抱えている
 ・真剣に物事に取り組みたい
 ・成功したい
 ・悪いことばかりが続く
 ・家族のために働きたい
>>テニスプレイヤーとは?

 ◆「HAPPY!」 のあらすじ

古びたアパート、かわい荘で、貧しい生活を送る海野家。
高校生の長女・幸(みゆき)、そして幼い弟の舵樹(かじき)、三悟(さんご)、妹の沙代里(さより)の4人の子供達だけで暮らしていた。

ある日、久しぶりに長男の家康が帰ってきた。
家康は、みんなにプレゼントを買ってきていた。
舵樹にテレビゲーム、沙代里にはお人形、三悟には怪獣の寝袋、幸にはテニスラケット。

そのはぶりのよさに驚く幸に、家康は、
仲間3人でマツタケとトリュフの養殖をして一発あてる、
儲かるからアパートを出てお城みたいな家に住めると得意気。

ところが、兄は騙され、多額の借金が残る。
2ヵ月後、幸のアパートに現れた、ガラの悪い二人の男、桜田純二と山口百太郎(ももたろう)。
二人は、借金の取立て屋だった。
兄の借金は、2億5千万円。
生命保険を借金返済にあてるんじゃないかという言葉に、動揺する幸。
高校卒業したらデパートで就職が決まっているから、少しずつ返すと言うものの
それでは間に合わないと、幸が連れて行かれたのは、ソープランド。
店長相手に研修をさせられそうになって、こわくなりその場を逃げ出す。
あまりの足の速さに姿を見失う。

幸は家に帰っても、どうやって借金を返せばよいか、
亡くなった両親の写真を見ながら考えこんでいた。

そのとき、テレビから、「賞金総額は2億5千万・・・」と聞こえてきた。
どうやったら稼げるのか、慌てて幸はテレビにかじりつく。

そして、幸は決心した。
卒業目前だったけれど、退学届けを出し高校を中退。

幸が向かった先は、超名門・鳳(おおどり)テニスクラブ。
そこでコーチをしている、鳳圭一郎の元へきたんだ。
あいにく圭一郎は不在。

幸の後についてきた桜田と山口は、幸が、年間賞金ランキング1位の座について、
2億5千万を稼ごうとしていることを知る。

そんな夢みたいな話で、借金を返せるはずがない、
その場にいたコーチに、ギャフンと言わせて幸の目を覚ませてやってくれと言う。
男のコーチに負けても意味が無いから、女性でいないかと聞くと、
名乗り出たのは、国体優勝候補、賀来(かく)菊子。
制服姿のまま試合に挑む幸。

だけど、素人と思っていた幸のサーブが次々きまる。
まぐれかと思っていた菊子だったけれど、自分のサーブをことごとく返され、その才能に驚く。

試合中、圭一郎が帰ってくる。
にぎやかなテニスコートに目をやると、賀来が練習試合をしている。
相手は誰かと視線をうつした途端、目を丸くする。
「まちがいない、海野幸だ!」とテニスコートに走り寄る。

幸は、三年前、彗星のごとく現れて、あっという間に全日本ジュニアで優勝。
その後、姿を消した、幻のテニスプレイヤーだったんだ。

圭一郎とは、成明学園中等部で、同じテニス部に所属していたものの、
両親が亡くなったから、学費の安い公立高校に進学して、テニスもやめてしまった。

借金返済のため、プロとしてもう1度コートに立とうとする幸。
果たして、幸は、高額を稼げるテニスプレイヤーになれるのか!?
⇒ 全巻チェックする!

◆ テニスプレイヤーの漫画「HAPPY!」について語る ◆

「HAPPY!」を読んでテニスプレイヤーになった人、テニスプレイヤーを
目指している人のコメントも待ってるね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。