野球選手の職業漫画:「巨人の星」 梶原一騎/川崎のぼる

  

昭和33年春。
長島選手の巨人軍入団の発表パーティーが行われた。
先輩の川上は、嬉しさのあまり、長島を自分の家に下宿させるほどだった。

会場では、巨人軍・二塁手の千葉から長島に背番号3が譲られた。
川上と千葉は、日本プロ野球史上最大の一、二塁手。
長島の入団で、史上最大の三塁手も巨人軍から生まれる可能性が高くなった。
 
「史上最大の三塁手はすでに生まれていたはずだった」と川上がもらす。
選手名簿に登録されながらも一度も公式戦に登場しないで消えていった三塁手。
右投げ・左打ちの星一徹。
入団当時から素質を発揮していたが、太平洋戦争の影響で、
その天才的なプレーが世に出ることはなく、兵隊にとられてしまったのだ。
 
戦後、星は巨人軍に復帰したものの、戦争で肩をこわしてしまっていた。

一徹は、息子の飛雄馬(ひゅうま)に、自分の果たせなかった夢を託す。

飛雄馬は、父の夢をかなえるため練習に励むけれど、つらい特訓に何度も挫けそうになる。
そんな飛雄馬が、王貞治と出会い、野球のすばらしさを知る。
そして飛雄馬は、青雲高校に入り、甲子園をめざす・・・。

大リーグボール養成ギブスなど、一徹のスパルタ教育を受けながら、プロ野球選手の道を歩む。
 
⇒ 全巻チェックする!

 
>>野球選手とは?

 

◆ 野球選手の職業漫画「巨人の星」について語る ◆

「巨人の星」を読んで野球選手になった人、野球選手を
目指している人のコメントも待ってるね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。