プロ野球選手とは?

プロ野球選手の仕事内容や引退後の職業は?

男の子に人気の職業、プロ野球選手
将来なりたい職業を聞くと、必ずといっていいほど上位にあがるよね。

実際のプロ野球選手の仕事内容は、主に試合でプレイすること。
プロ野球には、オンシーズンとオフシーズンがあって、主に3月から9月、10月にかけて試合を行うよ。

オンシーズンの時は、移動日も含めてほぼ毎日試合だから、健康管理が重要。
自分自身の健康管理に合わせて、日々のトレーニングもとても大事だよ。

健康管理とトレーニングは、ケガ防止にもつながるから、プロ野球選手は毎日きちんと行っている。

ピッチャーやバッターなど、それぞれ役割はあるけれど、それぞれの技術向上のためにも練習は欠かないよ。

プロ野球選手になるまでのプロセスも大事だけど、プロ野球選手になってからも常に努力が必要だよ。
地道な努力をすることで、長期にわたってプロ野球選手として活躍することができるんだ。

長期間プロ野球選手でいることができれば、引退後も就職先はあるけれど、プロとして長続きせず、大学も出ていない場合は、引退後の仕事探しがとても難しくなるよ。

プロ野球選手として長く活躍できた場合、引退後の職業として、球団関係の仕事、監督やコーチ、打撃投手、ブルペンキャッチャーなどがあるよ。
その他にも、コメンテーター、解説者、講師、タレント、飲食店経営など、選択肢が色々あるよ。

プロ野球選手になるにはどうすればいい?

プロ野球選手になるのは限られた人だけだから、大人になって「プロ野球選手になりたい!」と思っても、なかなかなれるものではないよ。
プロ野球選手になるには、小学生、できれば低学年の頃から、近所の野球チームに入って、子供の時から野球を体に覚えさせないと、プロ野球選手になるのは厳しいよ。

もともと運動能力があって、生まれつき野球のセンスも持っている人は、大きくなってからプロの野球選手を目指しても、プロ野球選手になれるかもしれないけれど、ほとんどのプロ野球選手は、子供の頃から野球に携わって、プロ野球選手を夢見て頑張ってきた人達。

プロ野球選手になるのは狭き門だから、近所の野球チームの中でも、優秀な指導者がいるところで野球を教わる方がいいよ。
もちろん、中学校、高校でも野球部に入って、ある程度の実績をあげた方がいい。

できれば高校では甲子園出場の常連校に進学して、甲子園を目指したほうがいいよ。
プロ野球選手になるための登竜門である「ドラフト会議」にかけられる選手は、甲子園で活躍した選手や、大学・社会人で活躍している選手が選ばれるからね。

ドラフト会議で各球団からの指名がないと、プロ野球選手にはなれないから、知名度が上がるよう、できるだけ野球の強豪校に進学しよう。
もちろん、大学や社会人になっても指名されるチャンスはあるよ。

プロ野球選手になりたければ、日々のトレーニングはもちろん、指名されるまで諦めず、野球に集中することが大事だよ。

私もプロ野球選手になりたい!漫画で疑似体験♪

プロ野球選手をめざすには、実際プロ野球選手になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

プロ野球選手の自分をイメージするために・・・
プロ野球選手を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「野球狂の詩」
水島新司



◆ 他にもあるかな?
おすすめのプロ野球選手を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)