ファッションモデルとは?

ファッションモデルとはどんな仕事内容?

ファッションモデルの仕事内容は、大きく分けて2つあるよ。
1つは、ファッションショーに出演するモデル、もう1つはテレビCMや雑誌、広告などのモデルだよ。

ファッションモデルの仕事は、カメラマンやディレクターの指示に従って、ポーズ表情をたくさん作らなければならない。
アピールする商品によって、大人っぽく見せたり、可愛らしく見せたりなど、変化をつけられる技術もファッションモデルには必要。

ファッションモデルの仕事は、何より人気が大事。
アピールする商品も、身に着けるモデルによって、売れ行きが左右されるから。
多くの人に新商品を知ってもらうためにも、ファッション業界では、ファッションモデルは無くてはならない存在だよ。

ファッションモデルの仕事は、綺麗に着飾って、自分を美しく魅せる事ができる素敵な職業のように思えるけれど、実際にプロのファッションモデルとして働くのは、とても大変なこと。

撮影は長時間に渡るし、周りからの色々な要望に応え続けないといけない。
健康管理や肌の状態などもしっかり管理しておかないといけないし、スタイル維持の為に食事制限も必要。
ファッションモデルとして働くには、多くの制限を自分に課さなければいけないよ。

ファッションモデルの世界は、競争も激しい。
どれだけプロポーションを維持しようとしても、年齢には勝てないし、次から次へと若い新人モデルが現れる。

長くファッションモデルとして働くには、オリジナリティを表現する力が必要。
そして、活動する場所を限定せず、求められている場所で仕事をすることも大事だよ。

ファッションモデルになるにはどうすればいい?オーディションに受かりやすくなる方法とは!?

最近では、雑誌の読者モデルからプロのファッションモデルになるというケースも珍しくなくなってきた。

ファッションモデルになるには、必要な資格はないけれど、絶対条件がある。
それはモデルらしい外見であること。
「モデルらしい」というと曖昧だけど、ファッションモデルになるには、バランスの良いスタイルでなければいけない。

ファッションモデルの仕事は、洋服などアピールしたいものを身につけて、その商品を魅力的に見せること。
だから、ファッションモデルになるには、商品をより素敵に見せることができる外見が何より重視されるんだ。

商品を魅力的に見せるには、表情も重要。
表情が硬いと、商品の魅力をアピールすることができないよ。
商品に合った魅せ方や表現が出来ないと、プロのファッションモデルとは言えない。

ファッションモデルとして仕事をするには、モデル事務所プロダクションに所属する必要があるよ。
事務所に入るには、オーディションを受けなければいけない。
プロのファッションモデルになるには、まず自分をアピールする必要があるんだ。

オーディションでは、見た目だけじゃなく、性格などの個性も審査対象になるよ。

モデル事務所に所属できても、最初から華やかな仕事ができるわけじゃない。
働く前に、商品が似合う最適なプロポーションになるようダイエットをしたり、綺麗なウォーキングやポージング、表情の作り方の練習など、ファッションモデルとして最低限必要な基礎を学ぶ必要がある。

ファッションモデルになるには資格は必要ないけど、最近は、ファッションモデルになるための専門学校スクールが増えてきたよ。
ファッションモデルとして仕事をするには、名前が売れるまで、たくさんのオーディションを受けることになる。
だから、ファッションモデルになる前に、こういった場所で基礎を身につけておくと、事務所のオーディションも受かりやすくなるよ。

他には、栄養学の知識を学んでおくことも、ファッションモデルとしてプラスになるよ。
ファッションモデルは、自分の体調管理プロポーション維持も仕事のうち。
長くファッションモデルとして仕事をするためにも、身につけておくと役立つ知識だよ。

私もファッションモデルになりたい!漫画で疑似体験♪

ファッションモデルをめざすには、実際ファッションモデルになった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

ファッションモデルの自分をイメージするために・・・
ファッションモデルを題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「Paradise kiss」
矢沢あい


◆ 他にもあるかな?
おすすめのファッションモデルを題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)