絵本作家とは?

絵本作家とは?

 

数ある作家と言われる職業の中でも、子供たちに夢を与えてくれるのが絵本作家。
最近では、子供だけではなく、大人が読む絵本というものも出版されていて、絵本は幅広い年代に愛されているよ。

絵本作家だけで生活するのはかなり厳しいから、絵本作家の多くは、他の仕事をしながら
絵本作家としても活動しているんだ。
だから、本業は会社員だったり主婦だったりすることが多いよ。
絵本作家のメリットは、自宅でできる仕事だから子育てしながらでも仕事ができること。

絵本作家の仕事は、文章と絵を書くという仕事内容で、一冊の絵本で文章と絵を別の人が作ることもあるよ。
文章と絵を考えて、作り上げた絵本を出版社に持って行ってOKをもらえれば、出版となるよ。

絵本作家は、絵本を作る段階から出版社との打ち合わせまでを一人で行うことが多いよ。
出版社の担当者と綿密に打ち合わせをして、絵本は、作家と出版者の二人三脚で出来上がるんだ。
こんな絵本を作りたい、という絵本が必ずしも世に出て売れるとは限らないから、現状をしっている出版社の意見が重要になってくる。

絵本は、通常の本と違って、急速に売上げを伸ばすことはなくても、長期間にわたって愛され続けることもある。
だから、絵本作家は夢を持って、「売れる絵本」ではなく、「子供(読者)に見てもらいたい絵本」を書き続けることが大切。
絵本作家は、想像力と子供の心を忘れないことも必要だよ。


絵本作家になるにはどうすればいい?

絵本作家になるには、実際に子供と関わるのも大切。
子供と関わることで子供の気持ちや感情も理解しやすいから、子育て中の方におすすめの職業なんだ。
子供を育てながらだと、こんな絵本を子供に見せたい、と想像しやすいよね。

絵本作家になるには絵の才能も必要。
絵本作家になるために絵の勉強をする人もいるけれど、もともと絵を学んでいた人が絵本作家になることもあるよ。
本職はイラストレーターの人が絵本作家としても活動したりね。

学校に行っていなくても、趣味で絵を書いたり文章を書いたりしていても絵本作家になることは可能。
趣味で絵本を書くのが好きな人が絵本作家になるには、素人が投稿するコンクールなどに応募してみるといいよ。

例えば、月刊誌「MOE」では、「白泉社 MOE 絵本グランプリ」や「MOE 絵本スクール」という賞をもうけているから
そういう賞に応募するのも一つの方法。

一回賞を取ると名前が知れ渡るし、実際「MOE」の方から出版もしてくれることもあるんだ。

絵本を書くのが好きなら、どんどん応募して、「絵本作家」への夢も現実のものにしよう!

絵本作家をめざすには、実際に絵本作家になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

絵本作家の自分をイメージするために・・・
絵本作家を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「」
「」


◆ 他にもあるかな?
おすすめの絵本作家を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)