警察官とは?

警察官とは?

 

 警察官の仕事というと、堅苦しそうなイメージで、仕事内容も特殊な職業という
 印象だよね。

 警察官の仕事の内容は色々あるけど、警察官になると、まず初めにこの交番の
 仕事から始まるよ。
 地域の住民の生活を守りながら、警察官になるために大事な精神などを学んで
 いくんだ。

 交番での仕事内容は様々で、地域のパトロールや紛失物の受理などから始まって、
窃盗、ストーカーなど犯罪の調査など、勤務しながら警察官の仕事のノウハウを学ぶよ。
交番の勤務を終えると、それぞれの部署に配属されていくんだ。
例えば刑事になりたい、音楽隊に入りたいなどといった目標をかかげて、警察官になるために日々努力を積み重ねる
ことになるよ。

警察官の仕事で重要なのは、「階級」。
階級は単に上下関係をはっきりさせるという役目だけでなく、試験を受けて上の階級に上がっていくことで、一人一人の
警察官の仕事のスキルをあげる役割もあるよ。
「階級」はまず、高卒で警察官になった場合は、「巡査」という階級から始まって、
「巡査部長」「警部補」「警部」「警視」「警視正」「警視長」「警視監」「警視総監」へと昇任していくよ。

階級の昇任は、採用された種類によって違うんだ。
国家公務員として採用されている場合は昇任試験を受けなくても昇格していけるけど、地方公務員で採用されている
場合は、その都度昇任試験を受けないといけない。
昇任試験は階級でいうと、巡査長まではすんなり昇任できるんだけど、警部補から上の階級は倍率も高くなるから、
一つ階級をあげるのがとても難しくて、生涯勉強が必要だよ。

警察官の仕事は危険を伴うけど、日本が平和な国であり続けるために、なくてはならないとっても大切な職業だよ。

警察官になるにはどうすればいい?

警察官になるには、採用試験を受ける必要があるよ。
合格してもすぐに採用というわけじゃなくて、採用候補者名簿に記入されて採用を待つことになるんだ。
採用されると、警察官の仕事をするために必要なスキルを学ぶために警察学校に入校するよ。

警察学校では、一般教養や武術等、警察官として必要な知識、技術を身につけるよ。
警察学校の訓練は大変だけど、警察学校を卒業できたら、憧れの警察官になれるよ!

警察官をめざすには、実際警察官になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

警察官の自分をイメージするために・・・
警察官を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「踊る警官」
浦沢直樹
「That’s 敬礼!」
関口シュン
「COPPERS」
オノ・ナツメ
「こちら葛飾区
亀有公園前派出所」
秋元治

「サイレーン」
山崎紗也夏
「S?最後の警官?
小森陽一/藤堂裕
「逮捕しちゃうぞ!」
藤島康介
「毎日が日曜日」
高田裕三


◆ 他にもあるかな?
おすすめの警察官を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)