美容師とは?

美容師の仕事内容はアシスタントから始まりスタイリストへ!

美容師の仕事は、髪の毛を切ったり、染めたり、ヘアスタイルを整えることが主な仕事だけど、簡単な仕事じゃないよ。
髪を切るのには鋭利なハサミを使うし、髪の毛を染めたりパーマをかけるためのパーマ剤を使う為には、物理・科学の知識も必要なんだ。

美容師の仕事は、まずアシスタントから始めるよ。
アシスタントの仕事は、シャンプー、カラー、パーマなど髪を切る以外のすべての作業。
これら1つ1つの作業のテストに合格して、資格を取得、全てのアシスタントの仕事ができるようになったら、ようやくスタイリストとして髪を切れるようになるんだ。


美容師は、たくさんの資格が必要。
美容師仕事は接客商売だから、お客様の信頼を得たり、満足してもらうサービスを提供する必要があるよ。
何度もお店に来てもらえるよう、ハガキを出したり、他店と違うサービスをしたり、工夫をすることが大切。

美容師の仕事は、毎日薬剤を使うから手が荒れたり、流行も追い続けないといけなかったり、大変なことも多い。
でもやればやるほど技術が身につくからやりがいがあるし、お客様がきれいになって喜ぶ姿を見れるのはとても嬉しいものだよ。

美容師になるには美容師国家試験を受ける必要がある?

美容師になるには、美容師国家試験に合格して、美容師免許の資格を習得しなければいけないよ。
この資格試験を受けるには、美容学校を卒業する必要がある。

美容師になるには、技術だけでなく衛生管理や保健、物理・化学など多くの知識を身につけないといけない。
だから、美容学校卒業と美容師免許の取得という難しい2つの課題をクリアする必要があるんだ。

美容師になるには、まず美容学校に入学すること。
美容学校では、国家資格を取得する為の授業も多く行われているよ。
美容師国家試験は年に2回行われているんだ。
この試験を受けるためには、専門学校を卒業している必要がある。

美容学校には3つの課程があるよ。
普通の学校と同じ昼間課程、夜のみ授業を行う夜間課程、通信によるレポート提出と面接授業を行う通信課程
どの課程でも卒業をすれば国家資格取得のチャンスがある。
課程によって授業時間や就学年数が変わってくるから、入学する前に確認しておく必要があるよ。

無事に美容学校を卒業して国家資格を取得しても、すぐに人の髪の毛を切ることは出来ない。
まずは、美容院に雇ってもらうこと。
そして、その美容院でアシスタントとして働くこと。
髪を切ることができる美容師になるには、アシスタントとして修行をして、お店で行われるテストに合格する必要があるよ。

スタイリスト(一人前の美容師)になるには、お店にもよるけど、数年かかる場合がある。
その間は修行の身だから大変だよ。
色々な仕事を続けてやらないといけないから休憩時間はあまりないし、朝は早く来て開店準備、夜は閉店作業をした後にテストの練習をする必要もある。
ハードな日々が続くから、美容師になるには体力気力も必要だよ。

その他、美容師になるには、コミュニケーション能力も重要。
髪を切っている間、お客様とお話をするのも美容師の大切な仕事。
話をすることでお客様の趣味が分かったり、本心を聞けるチャンスもある。
指名をもらえる美容師になるには、お客様の趣味を聞き出して、その知識をつけることも大切だよ。

人気の美容師になるには、技術を磨くことが最重要。

美容師はアーティスト!
お客様の要望通りに髪の毛を切れることは当たり前。
一人前の美容師になるには、その人に合った髪型をデザインできなければいけない。
こればっかりは資格をたくさん取得したからといて身につくものではないよ。

誰からも認められる美容師になるには、多くの人の髪の毛を切って、技術を磨き続ける必要があるよ。

私も美容師になりたい!漫画で疑似体験♪

美容師をめざすには、実際美容師になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

美容師の自分をイメージするために・・・
美容師を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

バグジー
山上幸二/田原実


◆ 他にもあるかな?
おすすめの美容師を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)