システムエンジニア(SE)の具体的な仕事内容は?SEになるには大学に必要がある?

システムエンジニア(SE)の仕事は大変?具体的な仕事内容は?

システムエンジニア(Systems Engineer)、略してSE
名前は聞いたことあるけど、大変そうなイメージだけで、具体的にはどんな仕事内容なのか知らない人は結構多いよ。

システムエンジニアとは、システム開発時に一つのプロジェクトを組んで、その設計からプログラミングなどの製作を管理する人のこと。
発注元からの依頼で、会社に新しいシステムを取り入れたいという注文が入った時に、一から開発、設計図を作って、それをプログラマーにプログラミングしてもらって、問題ないかテストを行ったりするんだ。

発注がかかると、そのシステムを一から作ることになるから、出来上がるまでの期間、夜遅くまで開発に携わったり、出来上がって試験をしたり、発注元に納品するまでは会社に拘束された生活になりがち。
でも、ものを作る仕事だから、やりがいがあるし、出来上がった時の達成感も大きいよ。

プログラムが出来上がったら終わりというわけではなくて、プログラムができあがっても、不具合などの見直しが必要だよ。

システムエンジニアは、プロジェクトチームをまとめて、よりよいシステムを開発していく仕事だから、深く考えることができる人に向いている職業だよ。
人を使う仕事だから、コミュニケーション能力やマネージメント(経営・管理)能力も必要だよ。

普通は、システム開発に必要なプログラミングの仕事はプログラマーが行うんだけど、エンジニア(技術者)というだけあって、システムエンジニアもプログラマーの仕事もできる人がほとんどだよ。



システムエンジニア(SE)になるにはどうすればいい?大学に行く必要はある?

システムエンジニアになるには、コンピューターの知識などを学ぶことができる情報系の大学に進むことをおすすめするよ。
大学でコンピューターについて深く学んで、できれば大学院に進んでさらに詳しく学べば、システムエンジニアになった時、その知識を生かすことができるよ。

専門学校に行ってシステムエンジニアを目指す人もいるけれど、広い視野で深く学ぶには大学がいいよ。
大学で様々なことを学べば仕事の幅も広がるし、収入も違ってくるからね。

システムエンジニアは現代のIT時代には欠かせない職業の一つ。
限られた人がなれる職業だと思われがちだけど、コンピューターが得意な人に向いている職業で、これから先も必要とされる仕事だよ。

⇒ 3ヶ月でエンジニアになれるスクールもあり!

私もシステムエンジニア(SE)になりたい!漫画で疑似体験♪

システムエンジニアをめざすには、実際システムエンジニアになった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

システムエンジニアの自分をイメージするために・・・
システムエンジニアを題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「いきのこれ!社畜ちゃん」
結うき。/ビタワン
「SE」
此ノ木よしる
「文系女子だけど新卒でSEやってます」
しま子
「ぼく、オタリーマン。」
よしたに



◆ 他にもあるかな?
おすすめのシステムエンジニア(SE)を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)