ファッションデザイナーとは?

ファッションデザイナーはどんな仕事内容?

ファッションデザイナーの仕事は、服や小物などのファッション関係のデザインを専門で行うこと。
ファッションデザイナーの仕事内容は大きく分けて2つあるよ。

1つは「オートクチュールデザイナー」。
自分でブランドを持って、注文内容に応じてオリジナルのデザインをする仕事。

もう1つは「企業内デザイナー」。
アパレルメーカーや衣料品メーカーに勤務して、各メーカーで販売する服のデザインをするんだ。

ファッションデザイナーの仕事は服をデザインすることだけど、服飾について広い知識が必要だよ。

服作りの工程は、まず、ファッションデザイナーが描いたデザイン画を元に、パタンナーと呼ばれる型紙を作る人が、パターン(型紙)を作る。
そのパターンが工場などに送られて洋服が出来上がるんだ。

ファッションデザイナーの仕事は、デザイン画を描いたら終わりじゃない。
細かいディテールや絵だけでは伝わりにくい部分は、直接話し合って決めていくこともあるよ。

ファッションデザイナーの仕事は、服が完成するまで見守ること。

だからファッションデザイナーは、どのような素材を使って、どのように加工すれば、自分が望むデザインになるのかを、しっかりと把握しておかなければならないんだ。

企業内デザイナーは、春夏用・秋冬用として、新作のデザイン作業を行わなければならない。
市場調査や流行の分析、製品企画など、仕事は多岐にわたるよ。

企画書制作の資格は必要ないけれど、納得してもらえる企画書を造りあげるのもファッションデザイナーの仕事。

そして、商品をどのように売るかを統括しているマーチャンダイザーや、色・模様・図柄・質感等を踏まえて布地のデザインを専門で行うテキスタイルデザイナー達とチームを組んで仕事をする。

ファッションデザイナーは、多くの人と力を合わせながら服を完成させていくから、コミュニケーション能力が欠かせないよ。
もちろんデザイナーだから、独創的なセンスも必要。
さらに、販売するターゲット流行についても考慮しないといけない。
企業内デザイナーであれば、もっと制約が強くなるよ。

新しい流行を作り出すのがファッションデザイナーの仕事。
これは、いくらすごい資格を持っていても出来る仕事じゃない。
自分がデザインした服が流行の最先端になると、ファッションデザイナーとして素晴らしい功績となるよ。

ファッションデザイナーになるには大学と専門学校のどちらがいい?必要な資格はある?

ファッションデザイナーになるには、服飾の基礎知識を学ばなければ仕事が出来ないよ。
短大や大学でもいいけど、より専門的な知識を得たいのであれば、ファッションの専門学校に通うのがおすすめ。

ファッションデザイナーの仕事は、ウェディングドレスをデザインする等、専門が細かく分かれているから、専門学校選びは、作りたい服の種類のデザインが勉強できる学科を専攻するといいよ。

ファッションデザイナーになるには、特に必要な資格はないけど、学校に通っている間に、色彩や技術の検定資格を取得しておくと、就職に有利になるよ。
ファッションに詳しい知識を持っていて損をすることはないよ。

洋裁技術検定」「パターンメーキング技術検定」などの資格を取得すると、ファッションデザイナーとして他のスタッフとの仕事の円滑化にも繋がるよ。
他にも、「カラーコーディネーター検定」も有効な資格だよ。

もしオートクチュールデザイナーを目指したければ、こういった技術の資格以外に「ファッション販売能力検定」や「ファッションビジネス能力検定」の資格も取っておくといいよ。

私もファッションデザイナーになりたい!漫画で疑似体験♪

ファッションデザイナーをめざすには、実際ファッションデザイナーになった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

ファッションデザイナーの自分をイメージするために・・・
ファッションデザイナーを題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「デザイナー」
一条ゆかり


◆ 他にもあるかな?
おすすめのファッションデザイナーを題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)