メイクアップアーティストとは?

メイクアップアーティストはどんな仕事内容?

メイクアップアーティストの仕事は、美に関心がある人なら一度は憧れたことがある職業かもしれないね。

実際のメイクアップアーティストの仕事内容は、芸能人や有名人にプロのメイクをすることと思いがちだけど、他にも、結婚式場でのブライダルメイク、舞台や映画の特殊メイク等、色々な種類のメイクの仕事があるよ。

有名人のメイクをする仕事は、芸能人と知り合いになれたり楽しいことも多いけれど、実力がモノをいう世界だから、有名人と親しくなれるとか、華やかな職業で楽しそう、というイメージだけ持っていると、かなり苦労することになるよ。

メイクアップアーティストは、メイクの仕事を通して様々な経験を積んで、成功と失敗を繰り返しながら、自分のメイクの技術を確立していくんだ。

メイクアップアーティストの仕事は、新人のうちは収入が低いから、かけもちでアルバイトをしている人がほとんど。
修行中に、生活していくことが難しくなって辞めてしまうケースも多い。

メイクアップアーティストは、一見華やかな職業に見えるけれど、厳しい世界だから、就職して一人前のメイクアップアーティストになるまでには、かなりの努力が必要だよ。

メイクアップアーティストになるには資格が必要?

メイクアップアーティストになるには、まずは美容科のある高校に進学して学ぶか、美容専門学校でメイクについての知識を学ぶといいよ。

メイクアップアーティストに関する資格として、民間の「メイクアップ技術検定」があるけれど、メイクアップアーティストとして仕事をするために必ず必要な資格ではないよ。
メイクアップアーティストは、資格を取得しなくてもなれるんだ。

メイクアップアーティストになるには、メイクの仕事に携われる会社に就職して、そこでメイクアップアーティストの仕事に必要な経験を積むことの方が大事。
メイクアップアーティストの仕事をするには、何より、技術経験が重要だよ。

メイクだけでは仕事が少ないから、ヘアメイクのできる美容師免許を取る人もいるよ。
美容師免許は国家資格だから需要があるよ。
メイクアップアーティストの仕事には、ヘアメイクを兼ねての仕事もあるから、顔のメイクだけじゃなく、ヘアメイクも勉強しておくと仕事の幅が広がるんだ。

ヘアメイクアップアーティストになるには、一つの技術に秀でるよりも、色々なメイク技術を身につけておいた方が就職にも有利だよ。

私もメイクアップアーティストになりたい!漫画で疑似体験♪

メイクアップアーティストをめざすには、実際メイクアップアーティストになった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

メイクアップアーティストの自分をイメージするために・・・
メイクアップアーティストを題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「コスメの魔法」
あいかわももこ



◆ 他にもあるかな?
おすすめのメイクアップアーティストを題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)