声優とは?声優になるには?

 

 最近では、アニメやゲームから人気に火がついて歌手デビューする声優さんも
 いたりして、人気の職業になっている声優のお仕事。

 キャラクターの声に憧れて声優を就職先に選ぶ人が増えてるよ。

 声優のお仕事は、アニメの声だけじゃなくて、映画の吹き替え、テレビ番組の
 ナレーションラジオの仕事など様々。

 一般企業に就職するのとは違って、声優は仕事がない間も台本の読み込みを
 したり、発声練習や筋トレをするのも仕事の1つ。

声優は声が命
風邪を引かないよう気をつけたり、自己管理もしっかり出来ないといけないよ。



最近ではスマホアプリが流行していて、声優としての仕事は更に増えてきた。
でも人気職だから、声優になるのは難しくなってる。
声優として仕事が増えても、その中で人気が出る声優は一握り。
就職できても戦いは続くよ。

アニメのアフレコ現場では複数の声優さんが同時に声を録るんだけど、ベテランの声優さんに囲まれても自分の
仕事をやり遂げる力も必要。
仕事の中で先輩たちの技術を盗んだり、就職してからも努力の積み重ねが大事な仕事だよ。

声優になるにはどうすればいい?

声優になるには、一般企業に就職するのとは違って、いくつかのステップを踏まないといけないよ。

一般的な流れとしては、専門学校養成所に通って、声優になるための基礎知識をつけて、オーディションを受け、プロダクションに所属する。
⇒通勤・通学しながらできる声優レッスン

プロダクションに所属して初めて「プロの声優」としての仕事ができるよ。
だから声優になるには、まずプロダクションに入るということだね。

声優の仕事は、アニメやゲームのアフレコ、映画の吹き替え、テレビやCMのナレーションなど多岐にわたるよ。
最近では、声優の声だけでなく、人そのものにスポットが当たるようになったから、歌手活動やライブ、
テレビへの出演など、顔を出す仕事も増えてきている。

プロダクションに就職できたからといっても、すぐに仕事のオファーが来るわけじゃない。
まずは、準所属として本所属の前段階に位置することになる。
この準所属の期間中にいろんな仕事をこなして実績を残さないと本契約にならないんだ。

一般的な就職先の仮契約状態。
この期間中に来る仕事は小さな仕事だったり、オーディションに受からないと出来ない仕事が多いよ。
でもプロの声優になるには、これらの仕事もしっかりとこなさなくてはいけない。

声優は声がメインだけど、あくまでも役者
体を使って表現できる俳優と違って、それら全てを声のみで演じなければならない。

プロの声優になるには、国語力や表現力、コミュニケーション能力なども必要。
声優が演じるキャラクターは様々で、女性が男性キャラクターを演じることも少なくないよ。

声を吹き込むことでキャラクターに命を与えるのが声優としての仕事。
だから、そのキャラクターのことを誰より理解して、演じなければならない。

声優になるには、今どんな声が必要とされているのかも理解しておかないといけないよ。
アニメのアフレコ現場では、絵が出来上がっていない状態で先に声を録る場合もあるんだ。
そういう時は、頭の中で情景をイメージしながらアフレコしなければならない。

ナレーションでは、よりわかりやすい・聞き取りやすい表現力が必要になるよ。

ゲームのアフレコでは、アニメと違っていろんな場所で同じセリフが使われることもあるから、
どこで使われてもおかしくならないように発声することも重要。

もちろん撮り直すこともできるけど、アフレコスタジオを抑えている時間やその後のスケジュールなども
考えると何度もやり直すことはできない。
プロの声優になるには本番でしっかりと仕事が出来るようになることが大事なんだ。


声優をめざすには、実際声優になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

声優の自分をイメージするために・・・
声優を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「声優一年生」
如月弘鷹


◆ 他にもあるかな?
おすすめの声優を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)