編集者とは?

編集者とは?

 

編集者の仕事は、本や雑誌、新聞などの紙媒体の編集をすること。
編集とは、集めた情報や写真などの素材を使って紙面の構成や配置、調整をすること。
就職する企業によって編集する内容は異なるよ。
編集者として就職する場合は出版社や編集プロダクションに就職するのが一般的。
編集プロダクションとは、他企業から編集の実務を委託され編集の仕事を専門で行っている会社だよ。

編集者の仕事はたくさんの人と連携を取りながら進めていく。
ライターやデザイナー、カメラマンなどをディレクションし予算の範囲内で本や雑誌を完成させなければならない。
雑誌編集者の場合、企画作りも大切な仕事なんだ。
特集を組む場合は、1人でも多くの読者に見てもらえるよう、いろんなリサーチやアンケートを取り入れ企画をしなければいけない。
時には専門家の方にインタビューをしたり、今読者が何を求めているかの調査など足を使って情報を集める必要もある。
編集者の仕事は常に時間との戦い。
もし週刊誌の編集者なら、毎週違う内容を編集しなければいけないから、その分作業のスピードが重要だよ。

編集者になるにはどうすればいい?

編集者として就職するのに必要な資格はないけど、主に大卒採用を取り入れている会社が多いから、編集者として就職を目指すなら
まずは大学の卒業を目指したほうがいいよ。
大手の出版社に就職する場合その道は狭くなる。
最近は編集プロダクションが多くなってきたから、まずは編集プロダクションに就職して編集者としての腕を磨いてから
大手の出版社に転職するというステップアップを取る方法も増えてきた。
編集プロダクションは下請け企業になるから、いろいろな編集の仕事依頼が来る。
編集内容に限定せずいろんな編集の仕事が出来るという点でも編集プロダクションに就職して仕事に慣れるのはとても良いことだよ。
アルバイトとして出版社で働き、仕事内容が認められてそのまま正社員として就職するというパターンもあるよ。
とにかく編集者になるには経験が重要視されるよ。

編集者の仕事には体力が必要。編集と聞くと机に向かってガリガリと仕事をするイメージだけど、編集者はあちこち飛び回ったり、
いろんなスタッフの間に立って最後まで本や雑誌が出来上がるのを見守らなければいけない。
スタッフの間を取り持つコミュニケーション能力も必要だし、納期前は徹夜で仕事をすることも珍しくはない職業なんだ。

編集者として就職するには国語能力が必須なように思えるけどそんなことはなくて、伝えたい情報をしっかりと形に出来る力が重要。
もちろん文章を執筆するのも仕事の1つだけど、それは仕事をする内に身についていくもの。
好奇心があって、様々な情報を読者に向けて伝えたいという情熱が編集者としては何より大切なんだ。

編集者をめざすには、実際編集者になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

編集者の自分をイメージするために・・・
編集者を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪




◆ 他にもあるかな?
おすすめの編集者を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)