大学講師・大学教授とは?

大学講師・大学教授とは?

 

 教育の最高峰である大学。
 その大学で教育をするのが、大学講師や大学教授だよ。

 大学講師とは、国公立や私立の大学で教える教授、助教授、常勤講師、非常勤
 講師をひとまとめにした言い方で、いわゆる大学で教える人のこと。

 大学講師の仕事は、主に大学で講義をすることだけど、その他に、研究をしたり
 論文を書いたりととても多忙な職業だよ。

教授になると1つの研究室にとどまって、そこで研究したり論文を書いたりできるんだけど、駆け出しの非常勤講師
となると、いろいろな大学を掛け持ちしたりで自分の研究室などを持たないから、自宅に帰っての作業や他の場所
での作業することも多いよ。

論文は、膨大な資料が必要だし、相当な労力が必要。
でもこういった経験を経て、一人前の大学講師になれるんだ。
ただ、少子化問題もあって、求人はそんなに多くはないのが現状。

非常勤講師で大学を掛け持ちしながら大学の採用を待って、常勤講師となるのが一般的だけど、
非常勤講師から常勤講師になるには壁が高くて、かなりの努力と忍耐が必要だよ。

大学講師になるにはどうすればいい?

大学講師になるには、中学や高校などの教員と違って、教育学部などで学んで教員免許を取るというやり方ではなくて、
その専門の学問を学んで大学で博士号を取って、論文を書きながら、教えたい大学などの採用試験を受けるというのが
一般的。

教員免許がないからと言って、誰でも簡単に大学講師になれると思ったら大間違い。

大学講師になるには、まず非常勤講師からスタートして、経験などを積んでその大学の常勤講師となるんだ。
常勤講師になるにはかなりの努力が必要だよ。

最近は、有名人や著名人を常任講師に、ということで大学講師を選んでいる傾向があるから、さらに常勤講師への道が
険しくなっている。

それでもどうしても大学講師になりたい!っていう人は、自分が学んだ大学で研究室に残って、教授につくこと。
大学では、教授の力は絶大だから、どうしても大学講師になりたければ、この方法が一番の近道じゃないかな。

そして後は論文をたくさん書くこと。
大学教授になりたい人は、論文を書いたり、研究を発表したりして認められる力をつけよう!

大学講師をめざすには、実際大学講師になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

大学講師の自分をイメージするために・・・
大学講師を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「天才柳沢教授の生活」
山下和美



◆ 他にもあるかな?
おすすめの大学講師を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)