自動車教習所の教官とは?自動車教習所の教官になるには資格が必要?

自動車教習所の教官とはどんな仕事内容?

自動車教習所の教官の仕事は、運転免許取得の為に必要な交通ルールや車の運転方法を生徒達に教えること。

法令の知識、教育についての知識、教職の内容、運転の知識などの論文や問題などの
学科に関する知識、そして教習指導が出来るだけの運転技能や教習方法などの技能も自動車教習所の教官には必要。

ただ知識に詳しいだけでは教官の仕事は務まらないよ。
何を教えるのか、どうやって教えるのか、生徒はロボットじゃないから、自分なりの指導方法を考えるのが
教官としての腕の見せ所。

自動車がどれだけ怖いものなのかも教えるのも自動車教習所の教官としての仕事。
自動車の運転は、人の命に関わること。
自動車教習所の教官は大事な仕事だからこそ、なるにはとても難しいのです。

就職してから全ての知識、技能、指導方法を身につけるから並大抵の努力ではないけど
自分が教えた生徒が車を運転できるようになること、免許を取得した時の嬉しそうな顔を見れる感動できる仕事だよ。

自動車教習所の教官になるためにはどうすればいい?資格は必要?

自動車教習所の教官になるには、前は、
交通ルールを教える学科教習と、運転方法を教える技能教習を行う教官
という2つの道が選択できたんだけど、今は統合されて両方の指導を行う教官になったんだ。

だから自動車教習所の教官になるには、より多くのことを学ばなければいけなくなった。

自動車教習所の教官になるには、2つの方法があるよ。
まず1つは、指定自動車教習所に就職して、その教習所で事前教養や教習指導員養成講習を受講して、
審査や面接を受け合格することで指導員として認定される。

もう1つは独学で勉強して指定外の自動車教習所での講習を受講する方法。
でもこれはかなり難しくて狭き門だから自動車教習所の教官になるには前者がおすすめ。

自動車教習所の教官になるには、21歳以上で、教える車種の運転免許を所持していることが前提条件。
そして教習所に就職することが必要。
就職してしまえばすぐ仕事ができると思いがちだけど、自動車教習所の教官は就職してからが大変なんだ。

自動車教習所の教官になるには「指定自動車教習所指導員」と呼ばれる国家資格を取得する必要がある。
国家資格だからもちろん簡単に取れるものではないよ。
就職してからの猛勉強が自動車教習所の教官としての仕事の第一歩。

無事に自動車教習所に就職して資格を取得したとしてもかなりハードな仕事が待ってるよ。
自動車教習を受けに来る人はひっきりなしに訪れるし、学生から老人まで様々な人への教習を行わないといけない。

指導を受けに来る人がどういう人であっても、同じ知識、技術を得られるように指導しなければならないのが
自動車教習所の教官の仕事。
自動車教習所の教官になるには対応力が必要だよ。
たくさんの人に何度も同じことを教えるから忍耐力も必要になるね。

就職してからも勉強して、資格を取得してもまだ勉強は必要。
自動車教習所では、指導員の他に技能検定員という、技能の指導ではなく検定を行うのが仕事という人もいる。
指導員になってから技能検定員の資格を取得することが多いよ。

他に、応急救護などの特殊な指導では、特定の認定をされた教官のみが指導を行う事ができるんだ。

自動車教習所の教官になってもステップアップすることで幅広く仕事をすることが出来るようになるよ。

私も自動車教習所の教官になりたい!漫画で疑似体験♪

自動車教習所の教官をめざすには、実際に自動車教習所の教官になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

自動車教習所の教官の自分をイメージするために・・・
自動車教習所の教官を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪




◆ 他にもあるかな?
おすすめの自動車教習所の教官を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)