トラック運転手とは?

トラック運転手とはどんな仕事内容?

トラック運転手の仕事は、ただトラックを運転するだけじゃなく、荷物の積み下ろし、仕分け、伝票のチェック、その他、就職した企業によっては営業を行う場合もあるよ。

トラック運転手は運転技術が必要なのはもちろん、体力も必要。
トラックに積み込む荷物は重いものが多いし、長距離のトラック運転手の場合は、車の中で寝泊まりしないといけないこともあるよ。

トラック運転手の仕事は、勤務先によって違うから、就職してから「こんなはずじゃなかった」ということにならないように、面接の時に仕事内容をしっかり確認しておいた方がいいよ。

トラック運転手になるには資格が必要?

トラック運転手になるには、まず運転免許証が必要。
普通免許証でもトラック運転手として就職することはできるんだけど、運べる荷物の種類や量に限りが出てくる。

色々な荷物を運べるトラック運転手になるには、大型トラックや移動式の小型クレーンの免許、荷物の積み下ろしに利用するフォークリフトの操縦、クレーンなどに物を掛けたり外したり出来る玉掛け(たまかけ)の操作技術を習得する必要があるよ。

トラック運転手として就職する時も、こういった特殊免許や資格を持っていたら有利になるよ。

トラック運転手になるには、コミュニケーション能力も大事。
トラック運転手の仕事は、荷物を運搬するのが主な業務だから、一見、人との関わり合いは少なそうな職業だけど、実際は、発送元、納品先、倉庫担当者など、たくさんの人と関わることになるよ。

トラック運転手は、荷物を預かる立場。
発送元や納品先に安心して仕事を任せてもらえるよう、信頼を得られる応対能力も重要。
発送元や納品先で気に入ってもらえれば、新たな仕事を得る事もできるし、会社としてもビジネスチャンスに繋がる。
挨拶がしっかりできることはとても大事だよ。

その他、トラック運転手になるには、スケジュール管理能力も必要。
勤務先にもよるけれど、トラック運転手は、1日の間に何回も荷物を運ばないといけない。
さらに、それぞれの荷物には配達時間が決められているから、時間通り安全に送り先に荷物を届けなければいけないんだ。

トラック運転手は、連続で運転していい時間、1ヶ月で働いていい時間など、時間の規則を覚える必要もあるよ。
この規則を守った上で、配達時間に間に合わせないといけない。
だから、トラック運転手になるには、常に時間を気にしながら、最短ルートを走り、さらに、安全運転で業務を行える力が求められるよ。

トラック運転手として就職すると、まず、先輩のトラックに同乗して、仕事の内容や進め方を学ぶことから始まるよ。
徐々に仕事を覚えていって、1人ですべての仕事を出来るようになって初めて一人前のトラック運転手になることができるんだ。

就職してから、ステップアップとしてフォークリフトの運転資格を取ったり、新たな免許を取ることも可能だよ。

トラック運転手として就職するには、他の企業ほど資格を重視されず、採用してもらうことができる。
ただし、免許の取得状況や、運転期間などを聞かれて判断されることも多いよ。

運転が好き」というのもアピールポイントになる。
荷物の積み下ろしなど、他の作業はあっても、基本的にトラック運転手が一番長くいる場所は運転席。
トラック運転手になるには、毎日何時間も運転できるほどの運転好きじゃないと長続きしないよ。
運転好きの人は、ベテランのトラック運転手として、活躍し続けることができるよ。

私もトラック運転手になりたい!漫画で疑似体験♪

トラック運転手をめざすには、実際トラック運転手になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

トラック運転手の自分をイメージするために・・・
トラック運転手を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「クマトラ」
六田登


◆ 他にもあるかな?
おすすめのトラック運転手を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)