お花屋さん(フローリスト)の仕事内容とは?お花屋さんになるためには資格が必要?

お花屋さん(フローリスト)とはどんな仕事内容?

女の子が一度はあこがれる職業の一つ、お花屋さん♪
最近では「フローリスト」と呼ばれるようにもなったよ。
お客様の要望に合わせて花束を作ったりアレンジをしたり。
毎日お花にかこまれて気分も明るくなるお仕事だよ!

お花屋さん(フローリスト)の仕事内容は、店舗の仕事になるから、営業時間内の仕事ということになるね。

ただ曜日によっては、朝早く花市場でのセリがあるから、ある程度お店を任されるようになると、市場でのセリに参加してお店の花を購入する仕事も増えるよ。

お店で売る花を選ぶという重要な仕事だから、かなりの経験花の知識がないとできない。

でも、好きな花を市場で競って自分の選んだ花を売ることこそ、お花屋さんの醍醐味!
いつか自分のお店を構えられるようになるといいね。

お花屋さん(フローリスト)は、基本的に営業時間内で行う仕事で、主な仕事は、フラワーコーディネーターとして、お客様にお花を売ること。

そして、そのための準備として、花の水替えや、鉢花の水やり、キーパー(花の冷蔵庫)の掃除などなど。
楽しそうに見えても一日にやることはとても多くて、体力も必要なんだ。

お客様がお花を買いに来られた時は、花束やフラワーアレンジメントの技術、アドバイスできるだけの知識が必要。
「ここのお花のセンスが良くて」という理由で来店してくれる人もいるからね。
わざわざ遠方から来るお客様もいるから、フラワーデザインのセンスはお花屋さんを営む上でとても重要なんだ。

その他の仕事として、ホテルや飲食店などへの生け込み(花をデザインして飾ること)や、冠婚葬祭(ブライダルのブーケ制作など)、さまざまな仕事があるよ。

お花が大好きな人にとっては、とてもやりがいのある素敵な仕事だよ!

お花屋さん(フローリスト)になるためにはどうすればいい?資格は必要?

花屋で働きたい!と思った時、「なにか資格がいるの?」って思うかもしれないけど、ほとんどのお花屋さん(フローリスト)の場合、資格がなくても就職することができるよ。
花屋の中には資格が必要なお店もあるけれど、美容師さんみたいに必ず専門的な学校を卒業してから就職しないといけないっていうことはないんだ。

ただ、花屋に就職する前に、学校でフラワーデザインの基礎を学んでおけば、実際働き始めてから色々な場面で生かせて役に立つよ。
お花の勉強ができる学校は、フラワーコーディネート学科フラワービジネス科のある専門学校、園芸学部のある大学、農業大学など。

お花屋さん(フローリスト)に関係のある資格は、「フラワー装飾技能士」、「フラワーデザイナー」などがあって、資格を持っていると就職に有利になることもある。
その他、自動車の運転免許は配達をするお店の場合は必要な資格だね。

お花屋さん(フローリスト)になるために一番必要なことは、就職したお店のやり方センスを習得すること。
これは働きながら実践で覚えることになるよ。

「花言葉」を知っていると、お客様への説明に一言添えることができるし、面接でもアピールすることができるよ。
花言葉を込めたプレゼントされたら、もらう側も嬉しいよね。

白いカーネーションを母の日に贈るのはタブーということを知らないお嫁さんが増えて、お姑さんが戸惑うことも多いみたいだから、知っていて損はないよ。

※ 白いカーネーションの花言葉 : 私の愛情は生きている(=亡き母に贈る花)、愛の拒絶

お店のポップに、花言葉や育て方(鉢花の場合)等、ちょっとした豆知識を書くだけで売上げが違うよ。
店員さんに聞きづらいお客様は、ポップを参考に購入することもあるから、プラスの知識としてあるといいね。

私もお花屋さん(フローリスト)になりたい!!!

お花屋さん(フローリスト)をめざすには、実際にお花屋さん(フローリスト)になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

お花屋さん(フローリスト)の自分をイメージするために・・・
お花屋さん(フローリスト)を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「夏雪ランデブー」
河内遙


◆ 他にもあるかな?
おすすめのお花屋さん(フローリスト)を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)