お花屋さんの仕事内容とは?お花屋さんになるためには資格が必要?

お花屋さんとはどんな仕事内容?

女の子が一度はあこがれる職業の一つ、お花屋さん♪
毎日、お花にかこまれて花束を作ったり、アレンジをしたり。
気分も明るくなるステキなお仕事!

実際のお花屋さんの仕事内容はと言うと、お店としての仕事になるから、営業時間内の仕事ということになるね。

ただ曜日によっては、朝早く花市場でのセリがあるから、ある程度お店を任されるようになると、市場でのセリに参加してお店の花を購入する仕事も増えるよ。

ただこれは、お店で売る花を選ぶという重要な仕事だから、かなりの経験花の知識がないとできない。

でも、好きな花を市場で競って自分の選んだ花を売ることこそ、お花屋さんの醍醐味!
いつか自分のお店を構えられるようになるといいね。

お花屋さんは、基本的に営業時間内で行う仕事だけど、主な仕事は、フラワーコーディネーターとして、お客様にお花を売ること。

そして、そのための準備で、花の水替えや、鉢花の水やり、キーパー(花の冷蔵庫)の掃除など、楽しそうに見えても一日でやることはとても多くて、体力も必要なんだ。

お客様がお花を買いに来られた時は、花束やフラワーアレンジメントなど、購入する時のアドバイスも重要!

「ここのお花のセンスが良くて」という理由で来店してくれる人もいるほど。
わざわざ遠方から来るお客様もいたり、そのお店のセンスはお花屋さんを営む上でとても重要なんだ。

その他の仕事として、ホテルや飲食店などへの生け込み(花をデザインして飾ること)や、冠婚葬祭(特にブライダルのブーケ制作など)、さまざまな仕事があるよ。

お花が大好きな人にとっては、とてもやりがいのある素敵な仕事だよ!

お花屋さんになるためにはどうすればいい?資格は必要?

お花屋さんで働きたい!と思った時、「なにか資格がいるの?」って思うかもしれないけど、ほとんどのお花屋さんの場合、資格がなくても就職することができるよ。

もちろん、お花屋さんの中には資格が必要なお店もあるけれど、美容師さんみたいに必ずしも専門的な学校を卒業してから就職しないといけないっていうことはないんだ。

ただ、お花屋さんに就職する前に、学校でフラワーデザインの基礎を学んでおけば、実際働き始めてから役に立つことはたくさんあるし、基礎を学んでおくと色々な場面で生かせるよ。

でもお花屋さんで働く上で一番必要なのは、就職したお店のやり方センスを習得すること。
これは働きながら実践で覚えることになるよ。

お店で実際、お客様から聞かれることは少ないけど、「花言葉」が知っていると、面接で話のネタになるし、使えることも多いよ。
それに花言葉を考えてプレゼントされたら、もらう側は嬉しいよね。

最近は白いカーネーションを母の日に贈るのはタブーということを知らないお嫁さんが増えていて、お姑さんが戸惑うことも多いみたいだから知っていて損はないよ。

※ 白いカーネーションの花言葉 : 私の愛情は生きている(=亡き母に贈る花)、愛の拒絶

お店のポップに、花言葉や育て方(鉢花の場合)等、ちょっとした豆知識を書くだけで売上げが違うし、店員さんに聞きづらいお客様は、ポップを参考に購入されることもあるからね。
書くのも楽しいから、プラスの知識としてあるといいね。

私もお花屋さんになりたい!漫画で疑似体験♪

お花屋さんをめざすには、実際にお花屋さんになった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

お花屋さんの自分をイメージするために・・・
お花屋さんを題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「夏雪ランデブー」
河内遙


◆ 他にもあるかな?
おすすめのお花屋さんを題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)