小学校教師の職業漫画:「ふたばの教室」  八神健

  
ふたばの教室
 マン活王子の
 職業漫画書評点数!
 3
 4
 4
 この職業漫画は
 こんな人におすすめ♪
 ・夢を追いかけている
 ・仕事に疲れた
 ・自信をつけたい
 ・やりがいのある仕事がしたい
 ・子供の持ちが知りたい
>>小学校教師とは?

 ◆「ふたばの教室」 のあらすじ

どうみても小学生にしか見えない皆実双葉(ふたば)は、小学生ではなく、小学校の教師

教師になって初出勤日。
双葉の母校・みのり小学校に、はりきって出勤したものの、登校中の生徒には、転校生と間違われ、職員室でも、副担任の土橋に、生徒と間違われて、追い出されそうになる。

でも双葉は、その低い身長が、子供と同じ目線に立って話せる、自分の武器だと思っていた。

五年三組を受け持つことになった双葉は、生徒の前で、
「先生一年目だから、先生の方が教わることが多いかもしれない」
と言うと、土橋に、
「生徒にとって、教師がベテランでも新人でも関係ない」
と呆れられる。

「やつらは敵、弱味を見せたらおしまい」という土橋先生の考えには納得はできなかったけれど、教師としての自覚は持たなければいけない、と気をひきしめる。

そして、二日目。

教室に入ると、子供達は好き勝手に遊んでいて、双葉が注意しても、誰ひとり言うことを聞かない。
昨日のおとなしかった態度とは、まるで違う様子に、双葉は慌てる。

ようやく静かになり、席に着き始めた生徒たち。
でも、それは教室に、土橋が入ってきたからだった。

土橋がいる時は、みんな静かになるのに、双葉だけしかいない時は、大騒ぎ。
双葉は、完全に子供達になめられていた。

そんな双葉に、「どうやって生徒をおさえるんだ!?」という土橋。

双葉は、「一方的におさえるというより、もっとお互いを尊重した形で、対等に、、」と言うと、「教師には向いてないけど、おもしろいな」と笑い飛ばされてしまう。

土橋は、
「生徒をおさえられなくなった教室は、学級崩壊となる。
 まともに授業も行えないで、教師も生徒も一年間棒に振る。
 だから教師は絶対の存在じゃないといけない。
 自分がいる限り、5年3組に学級崩壊なんて許さない」
と言い、双葉の頭に手をのせる。

双葉の頭は、土橋が手を置くちょうどいい高さだった。

毎日のように教室に土橋がくることで、生徒達は、
「土橋が担任しているのと同じで息が詰まる。土橋は担任をやらないはずなのに、小さい先生が頼りないからだ」と愚痴をこぼしていた。

双葉は、校長先生に呼び出される。
校長は、双葉の恩師だった。

双葉は、「自分の世代と比べてドライで、ぶつかりあいにすらならない」と言うと、校長は、
「得体の知れん化け物を相手にしとるようじゃな。生徒たちの顔は見えておるかね?
 学級という集合体である前に、生徒は一人ひとり個性を持った人間。
 それぞれ自分だけの顔を持っている」と助言。

双葉自身が小学5年生の時、双葉のクラスは学級崩壊状態だった。
手に負えず辞めてしまった先生の代わりに、新しく赴任してきたのが、今の校長である、大柴だった。

双葉は、授業中に大柴先生がだした課題の答えが分からず、直接聞きに行くと、
「答えは、自ら見つけなければ価値がない。
 教師が一から十まで教えてしまっては、何も身につかないし興味もわかない。
 自ら学ばせることに興味を持たせ、一を聞いて十を知る力をつけさせてやるのが教師の仕事」
と言われる。

その言葉で、双葉は教師になろうとを決めたんだ。

校長の言葉で、初心に返った双葉は、土橋に、自分一人で授業をさせてほしいと頼み、5年3組の教室に向かう・・・。

ふたばの教室」は、容姿や言葉に幼さが残りつつも、実はしっかり者の双葉に、とっても癒される漫画だよ。

⇒ 全巻チェックする!

◆ 小学校教師の職業漫画「ふたばの教室」について語る ◆

「ふたばの教室」を読んで小学校教師になった人、
小学校教師を目指している人のコメントも待ってるね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。