ピアニストとは?

ピアニストとは?

 

ピアノを習っている人なら一度は憧れる職業、それがプロのピアニスト。
オーケストラを従えてピアノを弾く姿はかっこいいよね。

プロのピアニストの仕事内容は、主に全国各地でのピアノ演奏。
世界中の人に自分の演奏を聴いてもらって、その収入で生活することになるよ。
それだけで生活できるピアニストは限られていて、その他の仕事をしているピアニストが多いよ。
例えば、依頼されて行うピアニストの卵の指導、大学などでのピアノ講義、ブライダルやバー・ラウンジ等での演奏など。
演奏ジャンルも、クラシックだけでなくジャズやポップス、演歌の伴奏等、多くの仕事をこなすには様々な要望にこたえる必要があるよ。

腕が落ちないよう、さらなる技術・表現力を磨くため、日々の練習は欠かせないよ。

プロのピアニストとして活躍するのは夢のようだけど、とても厳しい世界。
でも自分の目指していたこと、好きなことで収入を得られるというのはとても幸せなことだよ。

ピアニストになるにはどうすればいい?

ピアニストになるには、幼少期からピアノを習うことが第一条件。
幼少期にどれだけ音楽に触れ合っていたかが重要。

絶対音感は必ずしも必要ではないけど、耳で聴いたものを演奏しやすかったりするよ。
ただ絶対音感があると、日常のあらゆる音が音符で聞こえるからつらいことも多いみたいだよ。

ピアニストになるにはひたすらピアノの練習をすること。
小学生くらいまでにある程度のレベルまで弾けるようになって、コンクールなどに積極的に出て経験を積むことが必要。
人前で演奏することに慣れるのも大事だし上達もするよ。

ピアニストになるには指導者も重要だから、腕のいいピアノの先生の指導を受けることをおすすめするよ。

プロのピアニストになるには高校はできるだけ音楽の盛んな高校に進学しよう。
そうすることで、ピアノの上手なライバルたちと切磋琢磨して、さらにピアノの技術を磨けるよ。
高校卒業後は音楽大学のピアノ科に進学したり、専門学校で学んだり、海外留学などの方法もあるよ。

プロレベルの技術を身につけることも重要だけど、才能を認めてもらう必要もあるよ。
才能を認めてもらえれば、クラシックやジャズなど得意な音楽の分野でピアニストとしての道が開けるよ。

ピアニストをめざすには、実際ピアニストになった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

ピアニストの自分をイメージするために・・・
ピアニストを題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪



◆ 他にもあるかな?
おすすめのピアニストを題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)