薬剤師とは?

薬剤師とは?

 

 みんながよく知っている薬剤師というと、近所のドラックストアや病院などの薬剤師
 さんだと思うけど薬剤師がどんな仕事をしているか知っているかな?
 
 薬剤師の仕事内容は、

 ・調剤薬局
   病気やけがを治すため、患者さんにどのタイミングで薬を使用したらいいのか
   指導したり患者さんの薬事名簿を作って管理する。

・病院の薬剤師
  注射や点滴の調合や管理、また外来の薬の調合や患者さんへの服薬指導。
  入院している患者さんの内服薬の管理。
・ドラックストアの薬剤師
  薬の販売や薬の相談業務・調剤室がついてるドラックストアの場合調剤したり服薬指導や薬歴管理など、
  仕事は多岐にわたる。
・製薬会社の薬剤師
  (創薬)新薬を開発する仕事
  (臨床開発)治験における薬の品質管理・品質保証・データマネジメントなどどちらかというと、医者を相手に
         する営業職の割合が高い。
・官公省の薬剤師
  国の研究機関に配属されたり、厚生労働省で薬の認可をする仕事。
  珍しい所だと空港での麻薬検査官も薬剤師の仕事。
・大学の薬剤師ー多くは薬学部の大学教員。

薬剤師は色々な場所で活躍しているよ。

薬剤師になるにはどうすればいい?

薬剤師になるには、2種類の方法があるけど、どちらも時間とお金がかかるよ。
2006年から薬剤師法が変わって、4年制から6年制に変わったんだ。

1つ目の方法は、大学の6年制の薬剤師養成科に入ること
(薬学科・漢方薬学科・医療薬学科・健康薬学科・科学・生物・英語など)
卒業すると受験資格が得られるよ。
 
もう1つの方法は、4年制の大学の薬学課程に入学すること
(薬科学科・創薬科学科・生命創薬学科・科学・生物・英語)
そして薬剤師の受験資格が得られる大学院に進むんだ。
不足科目の履修及び実務経験を積んで(1?2年)、単位を取得したら
厚生労働大臣の認定がおり、受験資格がもらえるよ。

薬剤師の試験の概要は次のとおりだよ。

<薬剤師国家試験科目>
 基礎薬学 60問
 医療薬学 120問
 衛生薬学 40問 
 薬事関係法規及び薬事関係制度 20問
  計240問

<試験地>
 北海道・宮城県・東京都・石川県・愛知県・大阪府・広島県・徳島県・福岡県

合格すると厚生労働省の薬剤師名簿に記載されて、薬剤師免許がもらえるよ。

ちなみに、私立の学校の方が試験は難しいみたいだよ。

薬剤師の試験に受かるレベルになるまで卒業出来ないんだ。
逆に国公立大学は試験より研究に熱心な所が多い。

女性でも出産後に比較的仕事がすぐみつかるので、人気のある資格だよ。

薬剤師をめざすには、実際薬剤師になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

薬剤師の自分をイメージするために・・・
薬剤師を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「薬屋りかちゃん」
新井葉月



◆ 他にもあるかな?
おすすめの薬剤師を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)