国税徴収官とはどんな仕事内容?国税徴収官になるにはどうすればいい?

国税徴収官とはどんな仕事内容?

国税庁や税務署に勤務する税金のスペシャリストである国税専門官。
国税専門官は、税金に関する調査や納税指導などを行っている。

この国税専門官は、主に3つの職名に分けられて、そのうちの一つが国税徴収官なんだ。

国税徴収官は、納付しなくてはいけない税金を、きちんと納めていない納税者である個人や会社等に、税金の支払いを催促するのが仕事だよ。
これを督促(とくそく)と言うんだ。

支払いにスムーズに応じてもらえない悪質な場合は、滞納処分といって、資産の差し押さえなどを行う場合もあるよ。

他には、滞納者に対して支払プランを提案する納税指導も、国税徴収官の仕事の1つ。

国税徴収官の中でも、一般的な国税徴収官では対応するのが難しいような、特殊でとても悪質なケースは、特別徴収部門で扱われて、
特別国税徴収官によって統括されているよ。

国税徴収官になるにはどうすればいい?

国税徴収官になるには、国税専門官として採用された後、徴収部門に配属される必要がある。

国税専門官採用試験の受験資格は、21歳以上30歳未満が条件で、大卒受験者が多いよ。
高卒の場合は、税務職員採用試験を受けることが多い。

この2つの試験のどちらに受かっても税務署員となれて、仕事内容の差も基本的にはないよ。

採用後、研修や実務経験を積んで、国税専門官に任命される。

国税調査官・徴収官・査察官に振り分けられるけれど、人事によっては仕事内容が変わって異動になることもあるよ。

私も国税徴収官になりたい!

国税徴収官をめざすには、実際国税徴収官になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

国税徴収官の自分をイメージするために・・・
国税徴収官を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪



◆ 他にもあるかな?
おすすめの国税徴収官を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)