バスガイドとは?

バスガイドはどんな仕事内容?

バスガイドの仕事内容は、観光バスや貸切バスに乗車して、観光地にまつわる情報や、窓から見える景色を案内すること。
ツアー内容によっては、バスから降りてお客様と一緒に観光しながら、ツアーガイドの仕事を行う時もあるよ。

バスガイドの仕事で最も重要なことは、「お客様を楽しませる」ということ。
どれだけマニュアル通りに完璧に仕事をこなしても、お客様たちが楽しんでいなければ、バスガイドとしては失格だよ。


だから、バスガイドには、コミュニケーション能力や明るさ、個性も大切。

お客様は千差万別。
同じ対応をして喜ぶお客様もいれば、怒るお客様もいる。
それぞれのお客様に合わせて、臨機応変に対応できる力もバスガイドには必要だよ。

バスガイドの仕事は、見た目と違って体力も必要。
朝から晩まで観光地の案内をしながら、何十人というお客様達に気を配らなければならない。

バスガイドの仕事は、観光案内が出来る知識も必要だけど、人を喜ばせるのが好きな人に向いている職業だよ。
お客様の笑顔を見るために頑張りながら、自分もお客様と一緒に楽しむことで、人気のバスガイドになっていくよ。

バスガイドになるには資格が必要?

バスガイドになるには、特に必要な資格はないけど、仕事内容によっては、「国内旅程管理主任者」や「総合旅程管理主任者」の資格が必要なこともある。

まず、バスガイドになるには、観光バス会社に就職すること。
就職しても、すぐにバスガイドの仕事を始められるわけじゃないよ。
最初の数ヶ月はみっちりと社内研修を受けるんだ。

社内研修で、バスガイドの仕事内容やマナーなどを覚えるから、高卒の学歴があれば雇ってもらえる企業も多いよ。

バスガイドになるには、大量の知識を得る必要があるから、仕事内容や物事を覚えやすい若者が重宝されるよ。

バスガイドになるには、社内研修を受けることが必須。
研修の内容は多岐にわたるよ。
ガイド内容だけじゃなく、ツアー中にお客様が急病になった時に備えて、救急救命講習を受けたりもする。
お客様の体調管理も、バスガイドの仕事の1つだからね。

その他には、マナーの研修もある。
お客様にお年寄りが多い場合は、トーンを大きくゆっくり喋る等、お客様に合わせた喋り方なども身につけるよ。

プロのバスガイドになるには、とにかく経験を積むしかない。
バスガイドは、お客様を案内する場所について詳しくなければいけない。
どれだけ勉強していても、新しい観光地やお店は増えていく。
バスガイドの仕事をしながら、どんどん観光情報を蓄積していくことで、よりレベルの高いバスガイドとして成長することが出来るよ。

経験不足では、色々なお客様に対応できる力は身につかない。
バスガイドは、話を全く聞いてくれない学生、何をやっても文句しか言わないお客様など、様々な人に、上手く対応していかないといけないからね。

バスガイドは、観光が終わった時に、お客様から「ありがとう」と言ってもらえるのが何より嬉しいこと。
毎回、お客様の笑顔をゴール地点にして、経験を積んでいこう。

私もバスガイドになりたい!漫画で疑似体験♪

バスガイドをめざすには、実際バスガイドになった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

バスガイドの自分をイメージするために・・・
バスガイドを題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪




◆ 他にもあるかな?
おすすめのバスガイドを題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)