庭師とは

庭師(にわし)とは?

 

 庭師(にわし)とは、その名の通り、庭を造る人のこと。

 石や樹木、池など、庭にあるもの全てを、いろんな道具や技法を使って、1つの庭
 という空間を作り出すのが仕事だよ。

 主な仕事場は家屋の庭だけど、公園やゴルフ場などで作業を行う場合もあるよ。

 「庭を造る」ということは、ただお客様から指示された通りに造るんじゃなくて、
 日当たりの良さや見栄え、樹木や草花の特性を踏まえた上で庭を一から作り上げ
るんだ。

庭師は、塀や門の製作も依頼されることもあるよ。
土を掘り返したり、岩や枝、土や木など重いものを運ぶ作業は日常茶飯事。
庭師は体力仕事だね。

庭師の仕事は、自然と共存する場所を造る仕事でもあるよ。
庭は、樹木や土、石や池など自然と共に変化していくもの。
いくら綺麗な木や花を植えても、土が合っていなかったり、日当たりが悪くて枯れてしまうようでは、
プロの庭師の仕事とは言えないよ。
庭師になるには、自然に関心があることも必要だよ。

出来上がった庭を守っていくのも庭師の仕事。
伸びすぎてしまった枝を切ったり、雑草を取り除いたり、地道な作業も庭師として大切な仕事なんだ。
庭師の仕事は、庭が取り壊されてしまうか、庭師がいなくなるまで永遠に続くものとも言れているよ。

造り上げた庭の住人が歳を取ったら、庭を歩きやすいように、地面に埋まっている岩を取り除いて地面を平らにする
などの作業も庭師の仕事。
自然の変化、人の変化に合わせて庭を変えていく。
庭師の仕事は地味に思われがちだけど、何気ない風景を魅せる立派な仕事なんだ。

庭師になるにはどうすればいい?

庭師になるには、必要な資格は特にないんだけど、一人前の庭師になるには、経験が必要。
経験を積む、つまり仕事を得るために、「造園技能士」や「増援技工管理技師」といった国家資格を取るのも1つの手段。
でもこれらの資格を取るには、実務経験が必要だよ。
庭師になるために絶対に必要なものじゃないんだけど、庭師として認められて、たくさんの仕事を得られる
一人前の庭師になるには取っておきたい資格だね。

早く庭師になるには造園会社に就職するのが近道。

就職には学歴や資格も特に問われないけど、専門学校や造園科がある大学や短大で知識を得ておくといいよ。

庭師になるには、庭師が使う道具の知識も必要だよ。
庭師が使う道具は100以上もあるんだ。
剪定鋏(せんていばさみ)やスコップなどの手軽な道具から、はしごのように作業を補助する道具、
大きな庭を扱う場合は工事をしないといけないから、パワーショベルやクレーン付きのトラックなども庭師としての道具
の一部になるよ。
学校ではパワーショベルの操作方法などまで、庭師になるために必要不可欠な道具の正しい使い方、
基礎的な知識を学ぶ事ができるよ。

庭師になるには、道具の使い方だけじゃなくて、木や草花の種類、害虫の駆除方法なども知らないといけない。
お客様の要望に応えられるように、日本庭園で使われる技法や、西洋庭園との違いも知っておく必要があるよ。

プロの庭師になるには、自分に合った道具を選ぶことも重要。
種類が沢山あって、大きさ、重さ、機能など同じ道具でも、使う感覚は1つ1つ違うんだ。
道具によって仕上がりが変わる場合もあるから、プロの庭師になるには、自分に合った道具を使いこなせる技術
が必要だよ。

庭師をめざすには、実際庭師になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

庭師の自分をイメージするために・・・
庭師を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

庭師の漫画:「庭師一代」
たがわ靖之


◆ 他にもあるかな?
おすすめの庭師を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)