漫画家を題材にした漫画:「バクマン。(BAKUMAN)」 小畑健/大場つぐみ

  
バクマン
 マン活王子の
 職業漫画書評点数!
 4
 5
 5
 この職業漫画は
 こんな人におすすめ♪
 ・目指している道がある
 ・絵を描くことが好き
 ・プロの漫画家になりたい
 ・夢を叶えたい
 ・やる気がほしい
>>漫画家とは?

「バクマン。(BAKUMAN)」 のあらすじ

14歳の真城最高(ましろ・もりたか)。
友人からは、下の名前から「サイコー」と呼ばれていた。

最高は、昔から絵を描くのが好きで、賞を取ったこともあった。
プロの漫画家の叔父の家をよく訪れていたけれど、叔父の死をきっかけに、漫画家の仕事はギャンブルだと夢をみることをやめてしまった。

フリーターと呼ばれたくないから、良い高校・大学に進学、会社でサラリーマンとして働くという道しか考えなくなった。

家では、ゲームやパソコンをしている方が楽だったけど、親に迷惑をかけたくないから、ちゃんと学校には通っていた。
つまらない毎日だと感じながらも、流されるまま過ごしてきた。

恋愛面でも、同じクラスの亜豆(あずき)美保が好きなのに、言葉も交わせず切なく苦しいだけ。
授業中、ノートに亜豆の後ろ姿を描くことくらいしかできなかった。

ある日、そのノートを学校に忘れてしまった最高は、慌てて取りに戻ると、教室には、クラスの優等生、高木秋人(あきと)がいた。
秋人にノートを見られた最高は焦るが、秋人は前から最高が亜豆が好きなことを知っていて、さらに「亜豆もおまえのことが好きだ」と言う。
そして、亜豆が好きなことを誰にも言わない代わりに、と条件を出してきた。

その条件とは、自分と組んで漫画家になって欲しいということ。

秋人は、子供の頃から漫画が好きで、漫画家になるのが夢だった。
そして夢をかなえるためには最高の絵が必要だと感じていた。

「日本のマンガは、もう世界に誇る立派な文化だ。生きた証、自分の名前をマンガで残す」と宣言する秋人。

漫画に対して冷静な最高は、秋人の話を断り、
「漫画家になれるのは、本当に才能を持って生まれたごく一部の天才。あとはただのばくち打ち。
 週刊誌で連載できたとしても、毎週読者アンケートで順位をつけられて、人気がなければ打ち切り。
 二人で組むとギャラも半分」
と語る。

最高が漫画家のことをよく知っていることに驚いた秋人は、ますます最高のことを気に入る。

試験前だから、最高は家で勉強しようとするも、やる気が失せてしまった。
そこへ秋人から電話が入る。

「今から亜豆の家に告りに行くから一緒にきてくれ」と。

訳が分からないまま、秋人と共に亜豆の家を訪れる。
そして、亜豆の秘密を知ることになる。

高い画力を持つ最高、そして、文才に長ける秋人は、その日をきっかけに、険しいマンガ道を進む決意をする。

原作・大場つぐみ、絵・小畑健、「デスノート」のコンビが描く、プロの漫画家を目指す少年達の熱い物語。

夢を現実に変えるために、若い力、全ての時間を漫画に費やす二人。

将来どういう結果になっても、「本気で取り組む」ということに意味がある。

「バクマン。(BAKUMAN)」は、読んでいるだけで力をもらえる漫画だよ。

⇒ 全巻チェックする!

漫画家の職業漫画「バクマン。(BAKUMAN)」について語る!

「バクマン。(BAKUMAN)」を読んで漫画家になった人、漫画家を目指している人のコメントも待ってるね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。