鳥類研究者の漫画:「へんなものみっけ!」 早良朋

  
 マン活王子の
職業漫画書評点数!
 5
 4
 4
 この職業漫画は
こんな人におすすめ♪
 ・研究者になりたい
 ・博物館で働きたい
 ・勉強が好き
 ・知識をつけたい

「へんなものみっけ!」 のあらすじ

泰山市役所に3年間勤務していた薄井徹は、博物館に出向することになった。

バイクで職場へ向かう途中、怪しい物体に驚き急ブレーキ。
何とそれは、かもしかを担いだ女性だった。

徹が人を呼ぼうとすると、「鮮度が命だから乗せて行って」と。

女性に指示され着いたのは、「かなでの森博物館」。
徹がこれから勤務する博物館だった。

かなでの森博物館は、ほ乳類、鳥、魚、昆虫、植物、鉱物、化石などが展示された自然を科学する博物館。

その女性は、鳥類研究者・清棲あかり。

博物館には解剖室まであり、さまざまな研究が行われていた。

「へんなものみっけ!」は、博物館の裏側がのぞける漫画だよ。

⇒全巻チェックする!

鳥類研究者の職業漫画「へんなものみっけ!」について語る!

「へんなものみっけ!」を読んで鳥類研究者になった人、
鳥類研究者を目指している人のコメントも待ってるね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。