アニメーターとは?

アニメーターとは?

 アニメーターはどんな仕事?

 みんな子供の頃はアニメを見て育ったと思うけど、大人になってもテレビや映画で
 アニメを見る機会は結構あるよね。
 楽しい思い出が多いアニメ!
 そんなアニメを作っているのが、アニメーターだよ。

 アニメ好きなら、一度は憧れたことのある職業かもしれないね。

 そんなアニメーターの仕事内容は、アニメを形にして、動きをつけるのが主な仕事だよ。

まず、アニメの原画(静止画)を描く「原画マン」と言われる担当と、原画と原画の間に動きをつけてアニメを
動きのあるものに仕上げる「動画マン」と言われる担当に分かれてそれぞれ仕事をするんだ。

この2つの仕事がアニメーターの仕事なんだけど、まず就職したら、先に「動画マン」として、
原画と原画のつなぎの動きを
勉強してから、キャラクターそのものを描ける「原画マン」へと昇格していくよ。

「原画マン」になれたら一人前のアニメーター。

ただ、アニメーターの仕事はそんなに簡単じゃないんだ。
就職してから最初する仕事、「動画マン」の下積みは数年かかると言われているし、一人前のアニメーターである
「原画マン」への道はなかなか険しいよ。

でも、アニメーターの仕事は、才能も生かせるし、やりがいのある仕事だよ!

アニメーターになるにはどうすればいい?

アニメーターになるには、やっぱりアニメについて学べる専門学校に行って、しっかり基礎を学んだ方がいいと思うよ。
独学だとなかなか難しいし、自己流になりがちだからね。

専門学校でしっかりとした基礎を学べば、どんなアニメを描いても、ぶれることがなく、しっかりしたアニメを描くことが
できるようになるよ。

アニメーターの主な就職先は、アニメの制作会社。
制作会社といっても、大手から中小企業まであるから、自分はどういうアニメをやりたいか、どういうアニメーターに
なりたいか、明確な意思を持って就職活動をした方がいいよ。

他の就職先には、中小プロダクション、専門スタジオなどもあるよ。

専門職だから、就職口はかなり狭いけれど、就職できたら、「好きなこと=仕事」になるから、
とっても充実した
仕事生活を送れるようになるよ。

テレビ画面や映画のスクリーンに、自分が描いたアニメが映し出されたら最高だよね!

さぁ君もアニメーターになって夢を現実に変えよう!

アニメーターをめざすには、実際にアニメーターになった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

アニメーターの自分をイメージするために・・・
アニメーターを題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「いきばた主夫ランブル」
星里もちる


◆ 他にもあるかな?
おすすめのアニメーターを題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)