バンドマンとは?

 

 バンドマンがライブハウスやコンサートで歌ったり演奏したりする姿は、かっこいいよね。

 バンドマンは、自分で作った歌などをファンの人に聴いてもらったり、感動を
 与えることができる素敵な職業だよ。

 バンドマンの実際の仕事内容は、駆け出しの頃は、曲を聴いてもらうために
 日本全国に営業に回って、一人でも多くの人に生演奏を聴いてもらうこと。

そうすることで、じわじわと全国に広まって、ヒットにつながる。
その他、ライブやコンサートなどで、日本中を飛びまわるよ。

他には、アルバム制作の仕事もあって、一つの物を作りあげることで達成感も味わえるよ。

売れるようになったら、テレビ出演や雑誌で取材に応じたりと、多忙な毎日を送ることになるよ。

バンドマンになるにはどうすればいい?

プロのバンドマンとして働くには、特別な資格はいらないけれど、バンドマンとしての才能を開花させるための努力が必要だよ。

一番簡単な方法は、レコード会社や音楽会社などに、自分で作って演奏した曲が入ったデモテープを持っていくこと。
とことん自分を売り込むことが大事だよ。
たとえ才能があっても世間に認められなければ売れないから、まずはレコード会社などの担当者に曲を聴いてもらうこと。
普通の会社員の就職の仕方とはまったく違うよね。

自分自身を売り込むこと、そして自分の音楽に誇りを持つことが大事だよ。
自分の音楽が認められれば、デビューへの道が開けるよ。

周りから認められるため、力をつけるために、路上ライブをする人も多いよ。
今売れているバンドマンの中には、地元で長年路上ライブをしていて、演奏中に音楽関係の仕事をしている人の目に留まって
そのままデビューしたケースもあるよ。

バンドマンに大事なことは、自分の歌や演奏で人に感動を与えられることだよ。

バンドマンをめざすには、実際バンドマンになった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

バンドマンの自分をイメージするために・・・
バンドマンを題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「BECK」
ハロルド作石



◆ 他にもあるかな?
おすすめのバンドマンを題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)