小学校教師とは?

小学校教師とは?

 

 子供が好きなら必ず1度はなりたいと思う職業の1つに小学校教師があるよ。
 子供達が成長する上で、最初に出会う学校の先生。
 明るくて楽しい小学校の先生に憧れる人が多いよ。

 小学校教師の仕事内容は、まず職員室での仕事から始まるよ。
 職員室での朝礼、朝の打ち合わせなどから始まって、授業時間になるとそれぞれ
 担当のクラスに行って授業となるよ。

 小学校教師は、中学・高校教師と違って、基本的にクラスを持ったら、どの科目も
担任が教えることになる。
クラスを担任が持つことで、生徒達と信頼関係を築いていくんだ。

授業が終わって生徒が下校しても、学級だよりを作ったりテストの採点をしたり、しなければならないことはたくさん
あるよ。
保護者も最近は熱心だから、保護者との関わりも重要だよ
小学校教師は、保護者や子供達とのつながりがとても大事だから、ある程度のコミニュケーション能力も必要だよ。

小学校教師になるまでも勉強は必要だけど、実際教師になってから学ぶことも多いよ。

小学校教師になるにはどうすればいい?

小学校教師になるには、小学校の教員免許の資格が必要。
小学校の教員免許の資格を取るためにはどのようにすればいいかというと、大学か短大の教育学部の
小学校教員過程を修了する必要があるよ。

中学校、高校教師の教員免許の資格を取る場合は、資格は教育学部だけじゃなくて、各専門の学部(文学部だと
国語か英語)でも教員免許は取れるんだけど、小学校の場合は科目全体を学ぶ必要があるから、
教育学部で学ばないといけないよ。

小学校教師になるには、大学か短大の教育学部で教員免許の資格を取るために、まんべんなく全教科を学ぶ必要が
あるんだけど、学校へ入学する時は科目ごとに分かれているんだ。
例えば、音楽が得意で小学校の先生になりたければ小学校音楽、国語であれば小学校国語専攻といった具合だよ。
まんべんなく学ぶけど、入学時に専攻を選ばないといけないんだ。

小学校教師になるには、教育実習も受けなければいけないよ。
出身の小学校などでの教育実習を行わなければ教員免許の資格は取れない。

教育実習の目的は、実際の小学校に行っての生の授業や生徒たちとの関わりを通じて、小学校教師になるために
何が必要なのかを身を持って体験することにあるよ。
実際、教育実習に行くと、今までの教科書だけでの学びでは知り得なかったことがわかって、資格を取って
小学校教師になる上でためになることばかりだよ。
小学校教師になりたい人は、教育実習でできるだけたくさんのことを学んだ方がいいよ。

小学校教師になるにはこういった様々な学びを経て、教員免許の資格を取ることから始まるよ。

小学校教師をめざすには、実際小学校教師になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

小学校教師の自分をイメージするために・・・
小学校教師を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「イオナ」
澤井健
「1年1組甲斐せんせい」
一丸
「地獄先生ぬ〜べ〜」
岡野剛
「せんせいになれません」
小坂俊史
「ハガネの女」
深谷かほる
「ふたばの教室」
八神健



◆ 他にもあるかな?
おすすめの小学校教師を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)