販売員とは?

販売員とはどんな仕事内容?

販売員とは、その名の通り商品を販売する仕事。
業種によって、売る商品は様々だけど、仕事の流れは似ているよ。

販売員の仕事は、ただ物を売ればいいというだけじゃなくて、物を売る努力もしないといけない。

例えば、店の掃除や、ディスプレイ方法を考えたり、商品の説明をしながら接客をするのも販売員の仕事。

販売員の一番大きな仕事は、商品を販売して店の売上を上げること。
その為に必要な作業は、すべて販売員の仕事だよ。

販売員になるにはどうすればいい?販売員の心得や知識が身につく資格とは!?

販売員になるのはそんなに難しいことじゃないんだけど、正社員になりたいなら話は別。
販売員はアルバイトで働いている人が多いから、正社員になるには、アルバイト以上に仕事が出来て、アルバイトを統率出来るだけの力が必要なんだ。

正社員になるには、2つのパターンがあるよ。
1つは、アルバイトをずっと続けて、仕事内容が認められた上で、正社員としてそのまま同じ店で雇ってもらう方法。
もう1つは、最初から正社員採用で就職する方法。

アルバイトから正社員の販売員になると、アルバイトの時に比べて仕事内容責任が重くなるよ。
例えば、アルバイト店員のシフト管理や、小さなお店であれば商品の入荷についても任されたり、他店舗の店長を任されることもある。

正社員として雇ってもらったからには、長期間その店で働き続ける必要があるよ。

販売員になるには、経験が何より重要。
最初から正社員として採用してもらう場合も、それまでにアルバイトの販売員としての経験がないと難しいよ。

販売員の仕事は、接客が重要。
お客様との接し方次第で、商品の売れ行きも変わってくる。
様々なお客様に対して最適な接客をするには、やはり数をこなすしかないよ。

販売員として上を目指すには、「販売士検定」を受けるのもいい。
この資格は、販売員としての基礎的な知識があること、管理業務が出来るということを示す資格だよ。
上級になると、経営計画についての知識も証明することが出来る。

販売員になるには、「好き」という気持ちがあるかも大事。
正社員に採用される際も、この条件は必要になってくるよ。
お店自体、一緒に働いているスタッフ、扱っている商品、お客様、など何でも構わない。

自分が好きだから薦めたい、お客様が望んでいるものを買ってもらいたい。
そういう気持ちがないと、お客様に喜んでもらえる接客はできないよ。

販売員をしていると、思うように売上が上がらなかったり、急に違う店に派遣させられてしまうこともある。
でも、それにもめげず、お客様のために良い商品を紹介し続ける!
この気持ちを、アルバイトでも正社員でも、販売員になったからには忘れてはいけないよ。

私も販売員になりたい!漫画で疑似体験♪

販売員をめざすには、実際販売員になった自分をイメージすることも大事!
常に目標を定めて意識していれば、道がブレないから最短の道を進めるよ☆

販売員の自分をイメージするために・・・
販売員を題材にした漫画で、実際の現場を覗き見してみよう♪

「金魚屋古書店出納帳」
芳崎せいむ
「夏雪ランデブー」
河内遙
「ばんえい駆ける」
いわしげ孝


◆ 他にもあるかな?
おすすめの販売員を題材にした漫画を教えてね♪ ◆

ハンドル名(必須)  

あなたの職業(必須)  
※無職の方は、「無職」「ニート」「家事手伝い」「主婦」等なんでもOK♪

漫画のタイトル(必須)  

漫画の作者      

おすすめコメント(必須)